食事で副交感神経を優位にするコツとは/アロママッサージスクール

2020年10月8日

こんばんは!アロママッサージスクールでございます。本日も一日お疲れ様でございました。昨日から寒さが増してきたので、今日も暖かくしておやすみになってくださいね。

 

そして、週末に向けて体が疲れていたり、リフレッシュして乗り切りたい時には、アロマの香りでリフレッシュしたり、ゆっくり湯船に浸かった後はマッサージやストレッチをして体をほぐしてください。

 

当院は初心者限定の『東京セラピストスクール』です。業界を熟知した講師たちによる少人数制レッスンとなります。

 

色んなマッサージスクールがある中で、当スクールに興味を持っていただきありがとうございます。気持ちの良い施術法を、そして負担の少ない施術法を皆様と一番に学び、それを1人でも多くの方に伝えていけたら嬉しく思います。

 

当院では、リンパマッサージ、リフレクソロジー、もみほぐしの技術を受講できます。

 

マッサージの技術ももちろんのことですが、将来的にセラピストとして活躍していきたい!と言う方には、お客様の接客から心得なども一緒に学び、スクール卒業とともに直営店で働いていくことも可能です。ぜひご相談くださいね。

 

食事で副交感神経をアップさせるコツは、ゆっくり噛んで唾液を出すこと。

食事の際、食べたものが胃腸に入ると消化、吸収が始まり、自然と副交感神経のスイッチが入ります。ですが、時間に追われていて流し込むように急いで食事を済ますと、交感神経が働いてしまい、食後に働くはずの副交感神経はなかなか働きません。そのため、血糖値を下げる副交感神経系のホルモンの役割が果たせず、太りやすい体になってしまったり、糖尿病などにかかりやすくなってしまいます。

 

食事で副交感神経を上げるには、ゆっくり噛んで時間をかけて食事を味わうこと。ゆっくり噛んで食事をすることで満腹感も得られるので、ダイエットにも効果的です。美容と健康にも良い効果があるので、食事の時間は食事に集中できる環境づくりから始めてみてくださいね!

 

ゆっくりとしたお食事が無理なら、マッサージで副交感神経を上げよう。

もし、ゆっくりお食事をする時間が取れなかった場合には、マッサージを受けて服交換神経を上げていきましょう。マッサージを受けることで全身がリラックスでき、副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると、疲労回復効果、安眠効果が高まり、心身ともにゆっくり休めてエネルギーを回復できます。イライラしたり、興奮したまま一日を過ごしてしまった時は、一日の終わりに気持ちを落ち着かせるため、マッサージを受けてリラックスされてくださいね。

 

 

それでは、本日も最後までblogを読んでくださりありがとうございました!当院への無料相談や見学予約やご質問などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。講師一同心よりお待ちしております。